Tera Term のデフォルト値を変更して便利に使う

スポンサーリンク

WindowsをホストPCとして使う場合に、ターゲットとのシリアル接続(UART/RS232C)にはTera Termを使うことが多いと思います。

このTera Termですが設定ファイルを修正することでいろんなデフォルト値を修正できます。今回はボーレート(通信速度)と通信先(TCP/IP or シリアル)のデフォルト設定の変更方法を紹介します。これにより、Tera Term起動時に毎回手動で設定していたものを自動化できます。

スポンサーリンク

ボーレートのデフォルト値の設定

通常 Tera Termは デフォルトではボーレート(通信速度)は9600になっています。ですが、大抵の機器では115200に設定することが多いと思います(下図参照)。
機器を接続しなおすたびにこの設定をするのはめんどくさいです。そこで、このデフォルト値を変更して、手作業でボーレートを設定する手間を減らしたいと思います。

設定ファイル TERATERM.INI

Tera Termのデフォルト設定は TERATERM.INIファイルに記載されています。このファイルは通常インストールフォルダに格納されているます。デフォルトでは「C:\Program Files(x86)\teraterm\TERATERM.INI」にあります。

ボーレートの設定はこのファイルの310行目あたりにあります。シリアル接続設定がまとめてあり、その中に「BaudRate」といパラメータがあるはずです。私の手元の環境では下記のようになっていました。

;	Serial port parameters
;	  Port number
ComPort=1
;	  Baud rate
BaudRate=9600
;	  Parity (even/odd/none/mark/space)
Parity=none
;	  Data (7/8)
DataBit=8
;	  Stop (1/1.5/2)
StopBit=1
;	  Flow control (x/hard/none)
FlowCtrl=none
;	  Transmit delay per character (in msec)
DelayPerChar=0
;	  Transmit delay per line (in msec)
DelayPerLine=0

このパラメータBaudRateを、9600から115200に変更すればOKです。上書き変更しても良いですし、今の設定をコメントアウトしてから追記しても良いです。コメントアウトは行の先頭に「;」を入れればOKです。下記の例では従来の9600設定をコメントアウトし、その下の行に新規に115200に設定する行を追加しました。

;	  Baud rate
;BaudRate=9600
BaudRate=115200

この状態でTera Termを起動すれば、ボーレート(速度)のデフォルト設定が115200になっているはずです。

スポンサーリンク

デフォルト接続をTCP/IPからシリアルに変更する

上記のボーレートのデフォルト値の変更だけでもそれなりに便利にはなるのですが、さらに便利にしたい人向けに補足します。「Tera Termは主にシリアル接続に使っていてSSHとかには使わないよ」という人向けです。

Tera Termを起動すると、下記の垢枠のようにTCP/IPの方にチェックが入っていると思います。これをいちいち「シリアル」にチェックしてからさらにCOMポート番号を選ぶというのは面倒です。そこで、デフォルトでシリアル接続かつ特定のCOMポート番号に接続するようにします。

すでに述べたように、Tera Termのデフォルト設定は TERATERM.INIファイルに記載されています。このファイルを修正します。

TERATERM.INIの設定箇所

ポート番号の設定はTERATERM.INIの310行目あたりにあります。デフォルトは1なので、今回は6になるように設定してみます。

;	Serial port parameters
;	  Port number
;ComPort=1
ComPort=6

次に、接続先をTCP/IPからシリアルに変更します。これは、TERATERM.INIの130行目あたりにあります。Portというパラメータがそれです。デフォルトでは tcpip となっていますので、これを serial に修正します。下記に修正例を示します。

;	Port type (serial/tcpip)
;Port=tcpip
Port=serial

これで、デフォルトでCOMポート6(ボーレート115200)に接続しに行くようになります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、Tera Term起動時に毎回設定をする手間を省くためにTERATERM.INIの設定方法をご紹介しました。今回紹介したこと以外にも色々と設定ができます。例えばウィンドウを透過にしたり、なんかもできます。皆さんの相棒として手に馴染むようにどんどんカスタマイズしてみていただければと思います!

FYI:本のご紹介

Tera Term のメンテナの平田豊さんが「Tera Termガイドブック」を出版されました。不肖私めも帯にコメントを書かせていただきました。ぜひぜひ読んでみてください!
私の書評はこちらから。

コメント